ビジネスフラワーの観葉植物について

ビジネスフラワー®の観葉植物について

こだわりの風景

温故知新こだわりの生産

大きな観葉植物から小さい観葉植物豊富に取り揃えてます。

大きな観葉植物から小さい観葉植物まで
豊富に取り揃えてます。

またセット商品もあります。

ビジネスフラワー®の観葉植物は、国内でも最大規模の観葉植物の生産をしている生産者からの直送品です。その流通は年間約400万鉢となり、日本人が好むお祝いに贈る観葉植物や育てやすい観葉植物などに力を入れており、観葉植物の種類としてはギフト商品として人気の高い観葉植物を主軸に育てています。

主には、縁起の良い植物として観葉植物ギフトでは1番人気の幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)や上に伸びていく様が事業等の発展を願う青年の樹(ユッカ・エレファンティペス)そして、成長発展の樹と呼ばれていて縁起物の財運樹(パキラ)などを主軸に育てています。

ビジネスフラワー®ではこの巨大なバックラウンドを支えに、観葉植物の通信販売を行っておりお客様のニーズに応えております。インテリアになる観葉植物や人気の観葉植物、開店祝いの観葉植物や新築祝いになる観葉植物など多岐にわたり展開をしております。

大きな巨大なハウス内

大きな巨大なハウス内

ビジネスフラワー®の観葉植物提携生産者は日本のほぼ真ん中ある愛知県にハウスを構え、夏は高温多湿で非常に蒸し暑く、冬は乾燥した晴天の日が多いという最も観葉植物が育てやすい環境下にあります。生産者は生活に潤いを与える『観葉植物の鉢物』にこだわり続け、47年観葉植物に向き合い、携わってきました。また、日本のほぼ中心にありますので、北から南まで観葉植物の全国配送が可能です。観葉植物の肥料は室内に飾ることが多いことを想定し、匂いの強い(有機)ものは避けるような配慮をして生育にあたっております。現在では多様なニーズに答えるべく、大きな観葉植物から小さい観葉植物まで潤沢にございます。

沢山の観葉植物が並んでます。

沢山の観葉植物が
並んでます。

青々としたパキラ。

青々としたパキラ。

空気清浄の役割をするサンスベリア

空気清浄の
役割をするサンスベリア

歩いて回るには大きすぎるハウス内。

歩いて回るには
大きすぎるハウス内。

大きな巨大なハウス内

大きな巨大なハウス内

観葉植物の苗そのものは日本ではその育成が難しく、東南アジアを中心とした海外からの輸入品となるのが一般的です。ビジネスフラワー®の生産者は自身の目でその苗を見極め、どんなに多忙でも必ず海外に出向き買い付けに行くことを怠りません。

苗は人間で言えば心臓部分なので、植物の成長には非常に大事な軸となりその植物の生命を決定します。ですから、必ず最高級のA級品のみしか買い付をしません。品質は徹底的にこだわり、また観葉植物が健康に育つように根付く土の配合も独自のオリジナル配合をしております。

苗は勿論のこと、生育にもこだわりがあります。

観葉植物には四季がある日本には非常に重要で、お客様のお手元に届いてからも元気に成長ができるようにビジネスフラワー®の観葉植物生産者は冬季に一度順化させます。順化とは、ハウス内の一定の安定した環境からいきなり外に出ていきますと、適合が困難になり発育不良になるために徐々に少しづつ外の環境に慣らす為の訓練でして、徐々に光線量を増やしたり、温度変化を与えて、茎葉や根を充実させます。また、病害虫の侵入を防いだりもしますので、非常に手間やコストがかかりますが、ビジネスフラワー®の観葉植物生産者はその手を止めることがありません。

試行錯誤こだわりの鉢

そして更なるこだわりが、研究開発に時間と費用を費やしたオリジナルの鉢です。鉢は根を守る大事な家となります。

また、観葉植物を通販で対応する流通のことを考え、軽くて持ち運びが良いもの。そして、お客様がお祝い等のギフト仕様にて観葉植物を贈ることを想定し、見栄えにもとことんこだわりました。シックでモダンであり、和風にも洋風にも合う鉢を開発し、陶器に限りなく見える外観にもこだわりました。

そして、一時は配送上の問題から回避をしてました陶器鉢は養生の工夫を試行錯誤で幾度となく行い、耐久性のテストも何度も行いました。また、観葉植物を守る大事な箱についても、大きな観葉植物が入る箱であり尚且つ、小さ過ぎず、大き過ぎず運送ができる箱サイズの開発に努めました。観葉植物のギフトが定着した昨今、インテリア性の高い鉢を常に模索し、取り入れるようにしております。

ビジネスフラワー®観葉植物は豊富な種類と多岐にわたる鉢の展開がありますので、必ずお気に入りの観葉植物が見つかることかと思います。

一期一会生産者のつぶやき

ビジネスフラワー®提携観葉植物の生産者は、「私の生産した鉢を飾ってくれる人に喜んでもらうこと。喜んでもらえるものを生産すること」と語ります。観葉植物は工業製品ではない為に毎年の気候によって栽培方法を変える生産者。そんな中でも、安定した商品ができるしくみを作り、消費者の皆様により良い商品を提供して参りたいと豊富を申します。

ビジネスフラワー®では、法人様の観葉植物通販ギフトのニーズに合わせて人気の観葉植物を揃え、観葉植物の種類も豊富にご用意しております。また、観葉植物をインテリアで楽しまれる個人のお客様や開店祝いや開業祝い、ご移転やお引越し祝いにも人気の観葉植物はいかがでしょうか。

ビジネスフラワー®はお客様と優秀な生産者をつなぐ架け橋です。市場では購入ができないビジネスフラワー®の特別な観葉植物を是非ご検討下さい。『花でつながる人と人』この言葉をモットーにビジネスフラワー®ではこれからも観葉植物の通販サービスをより確かなものに強化して参りたいと考えております。  

ご注文から出荷まで

ご注文

ビジネスフラワー®本社のオペレーションセンターにて受付をさせていただきます。『親切・丁寧』をモットーに自分がお客様だったら・・・という事を一番に考えてご対応に励んでます。また、お祝い事のマナーやお悔やみ事のマナーも可能な限りお答えさせていただいております。

緑が多いビジネスフラワー本社

緑が多いビジネスフラワー®本社

お客様と電話中でも笑みがこぼれます。

お客様と電話中でも笑みがこぼれます。

ご注文誠に有り難うございます。

どんなご要件でもお気軽にご連絡ください

スタッフによる手持ち配送

スタッフによる手持ち配送も

全国行っております。

観葉植物の準備

ビジネスフラワー®よりデーターが生産者へ行きます。青々と鮮度の高い観葉植物が選定され、仕立てに入ります。害虫駆除した独自配合の良質な土を入れ、バランスを整えます。50?60cm程の小さな観葉植物から180cm近くの大きな観葉植物までサイズは様々です。大きな観葉植物(10?12号)サイズともなると、女性には重労働です。

生産者オリジナルの肥料が配合された土です。

生産者オリジナルの肥料が
配合された土です。

観葉植物ギフトを想定し、
匂いの強い肥料入れてません。

10号サイズともなりますととても大きいです。

10号サイズともなりますと
とても大きいです。

小さな鉢も人の手で1つずつ仕立てをします。

小さな鉢も人の手で
1つずつ仕立てをします。

タグつけや検品

植物の葉の状態や枝の状態、土の容量など総合的に検品をします。ベルトコンベアーでの生産性の向上と、人の目による厳しいチェックが入ります。ビジネスフラワー®では、観葉植物向けのオリジナルタグを添付しております。このオリジナルタグは簡単な観葉植物の育て方の説明とビジネスフラワー®の連絡先が書いてありますので、ご安心してお買い求めください。

出荷前に人の目で必ず検品をいたします。

出荷前に人の目で必ず検品をいたします。

商品名が記載されたオリジナルのタグをつけます。

商品名が記載された
オリジナルのタグをつけます。

ビジネスフラワーのオリジナルタグです。

ビジネスフラワー®のオリジナルタグです。

万が一の時でも安心です。

箱詰~出荷

大きな巨大なハウス内

大きな巨大なハウス内

準備ができますと植物の箱詰めです。観葉植物の大きさにあった箱を選定し入れます。こちらでもベルトコンベアーとスタッフの手作業を行い生産性の向上を図ってます。箱詰めが終わりますといよいよトラックに乗せ出荷です。運送会社には、生花であることの表示をし、注意喚起を払います。鮮度が高いまま大切なお客様のもとへ大事に運んでいただきます。翌日には国内のほとんどの地域へ観葉植物の配達が可能です。

葉が傷まないように慎重に養生をします

葉が傷まないように
慎重に養生をします

大きな植物は枝の部分の箱と葉の部分の箱に分かれるものも有ります。

大きな植物は
枝の部分の箱と
葉の部分の箱に
分かれるものも有ります。
これは不安定な枝を
より強力に養生をするためです。

傷まないように固定を致します。

傷まないように
固定を致します。

1鉢づつ丁寧に梱包致します。

箱には取り出し易い
工夫がしてあります。
1鉢づつ丁寧に
梱包致します。

生産者達の声

雨ニモマケズ風ニモマケズ・・・

冬季は水やりは程々に比較的明るい場所で育ててください。



観葉植物の多くは熱帯地域の植物です。そのため冬季は休眠し、あまり水を吸い上げる事なく、成長もほとんどしていません。
冬に胡蝶蘭を枯らす原因として一番多いのは、水の与え過ぎによる根腐れです。
観葉植物は水を吸い上げなくなるため、春から秋にかけての成長期同様に水を与えてしまうと、鉢の中は絶えず湿った状態が続き、やがて根は呼吸できずに枯れてしまいます。これからの時期は、土が乾いてきたらお水を与えるようにしてください。冬の水やりは乾燥気味に管理することが、上手く冬を越える一つのコツです。

また、冬季期間中いくら乾燥しにくいとは言えど、暖房が効いた室内では乾燥しやすく葉が落ちてしまうこともあります。そのため、この時期は水やりの際に土だけでなく、霧吹きなどで葉に水を掛けてあげて下さい。



観葉植物の中でも、耐熱性を持つ物、耐寒性を持つ物、乾燥に強い物、弱い物など様々な特性を持つ植物が存在します。
今回はこれからの寒い時期に贈り物として最適な植物を紹介します。

まずは、暑さにも寒さにも強いユッカ・エレファンティペスです。
このユッカは樹も丈夫で、育てる場所も選ばないため育てやすく、初心者の方にもおすすめの商品です。


◆さまざまな大きさのユッカ・エレファンティペス◆
ユッカエレファンティペス10号
ユッカエレファンティペス8号
ユッカエレファンティペス7号
ユッカエレファンティペス6号

お洒落な赤い陶器鉢仕様の観葉植物 オーガスタ
インテリアとしてもご利用いただけます。



次に紹介する観葉植物は、シェフレラです。
シェフレラもユッカ同様、耐陰性を持つ植物で明るい日陰などでも育てることができます。暖かい場所で育てるというよりは、比較的涼しい場所のほうが育ちやすい植物です。

◆シェフレラ(斑入りホンコン)◆
観葉植物 シェフレラ(斑入りホンコン) 10号※バスケット鉢カバー付
観葉植物 シェフレラ(斑入りホンコン) 10号※白丸鉢カバー付

オーガスタも、比較的寒さに強い植物です。
一見南国風に見える植物ですが、耐寒性を持ち丈夫で育てやすい特徴があります。また、葉の面積が大きく蒸散作用が大きいため生きた加湿器の役割を果たしてくれます。

◆ビジネスフラワーで取り扱っているオーガスタ◆
観葉植物 ストレリチア・オーガスタ 10号※白丸鉢カバー付
観葉植物 オーガスタ 7号 ※黒角鉢皿付
観葉植物 オーガスタ 7号 ※赤角鉢皿付